1年間で貯金100万円を達成できる人は、セミリタイヤの素質がある

こんにちは!

脱会社員を目指しているたぬまるです。

会社員を辞めたいと思ってもなかなか辞めれないですよね。

会社員を辞めたいなら、まず貯金を100万円貯める事を私はお勧めしています。

なぜ、貯金100万円を貯める事が必要なのか、私が社会人1年目で100万円を貯金した方法をご紹介したいと思います。

なぜ会社員を辞めるには、1年間で貯金100万円を目指す必要があるのか?

会社員を辞めるには、まず貯金100万円を貯金する事を私は推奨しています。

フーくん
貯金100万で会社辞めるなんてできないよ。将来どうするの?

確かに、100万円の貯金では、会社を辞めるには不安かもしれません。

将来セミリタイヤを目指すなら独身の私なら年齢にもよりますが、3000万~5000万程貯金があれば会社を辞めてのんびり暮らしていけると思います。

貯金以外にも副業も行い月に5万円でも稼げば、上記の3000万よりも少ない金額で私ならセミリタイヤできます。

100万円ではセミリタイヤはばかげているでしょう。しかし、貯金100万円あれば将来のセミリタイヤに向けてさまざまな行動を移すことができます。

フーくん
将来に向けてできることって何?

貯金100万円あれば、以下の事ができます。

貯金100万円で出来る事

1.転職活動の準備資金になり、より良い条件の会社への転職活動が安心してできる。年収を上げてセミリタイヤ資金を貯めやすくできる。

2.100万円から積立投資をはじめて、お金を増やす準備ができる。

3.ブラック企業に就職していたら、直ぐに会社を辞めて転職活動を開始できる金額。

 

このように、貯金100万円できたとしたら、セミリタイヤに向けてさまざまな行動を起こせる余裕ができてきます。

フーくん
意外と貯金100万円あれば色々できるんだね!!
フーくん
貯金100万円あれば少し心の余裕もあるね!

100万円は、たしかに直ぐにセミリタイヤを出来る金額ではありませんが、セミリタイヤをする10年~20年後の将来に向けての一段階目だと思います。

だからこそ、私は貯金100万をまず達成することをお勧めしています。

1年間で貯金100万円を達成したらセミリタイヤに必要な貯金体質を習得している

社会人1年目で貯金100万円達成している人はセミリタイヤの素質がある人だと思います。

フーくん
社会人1年目で100万円貯金できたらなぜセミリタイヤの素質があるの!?

社会人1年で100万円貯金できる人は、そんなに多くないと私は感じています。

社会人1年目で貯金100万円貯金するには、月に8.3万円貯金する必要があります。

2019年の大卒の初任給を調べて見ると

初任給を引き上げた企業は50.6%
20年ぶりに「引き上げた」が「据え置いた」を上回る
初任給額は大学卒(一律)208,826円、高校卒(一律)168,617円

引用元:2019年度 決定初任給調査

大卒で約21万円、高卒で約17万円となっています。

ここから、税金が引かれて大卒なら約16万、高卒なら約12万円程度となるはずです。

一人暮らしなら、ここから家賃や光熱費などを払う必要があり、月8.3万円なんて貯金できないと推測できます。

一人暮らしの一ヶ月の支出を知らべて簡単に表にまとめてみました。

一人暮らしなら住居費を除いても、約14万円ほどかかっています。

家賃が4万円としても新入社員の手取り約16万円を超えてしまいます。

一人暮らしの方は、かなり節約しながらぎりぎりの生活を行っているのが統計から判断できます。

引用元:1世帯当たり1か月間の収入と支出 (単身世帯)

フーくん
一人暮らしなら1年に貯金100万円はむずかしいなぁ

実家暮らしや寮生活で家賃がかからないならなんとか1年間で貯金100万円できるぐらいです。

社会人1年目は、初めて多くの給料を頂けるので有頂天になって遊びや飲み、車、旅行などに簡単に使ってしまいがちになります。

だからこそ、社会人1年目で貯金100万円できる人は、日ごろから節約している人が多いでしょうし貯金体質が自然と身に付いているはずです。

社会人1年目で貯金100万円できる人は、将来会社を辞める事ができるセミリタイヤの素質がある人と言えます。

1年間で100万円貯金できると貯金だけで10年後には1000万円、20年後には2000万円となりセミリタイヤ資金の3000万に近づいていきます。

100万円で投資を始めるともっとセミリタイヤ資金を貯める年数が貯金だけよりも短くなります。

投資と貯金どちらが希望資産までが増える年数が短いかシュミレーションした記事も見てね!

20代で1000万達成するには、投資と貯金どちらが正解?

2020年4月4日

社会人1年目で100万円を貯金する5つの方法

私が社会人1年目で貯金100万円した方法をご紹介したいと思います。

私は、社会人1年目から下記の表の事を意識して年間貯金額を100万円以上達成し続けています。

是非、参考にしてみてください。

貯金100万円達成するまでにする事

1.外食を控えて自炊か半額総菜を買う。飲み会はなるべく行かない。

2.スマホは、格安スマホに変更して、スマホ代を抑える。

3.コンビニへは行かない。

4.家賃を抑えるもしくは、社宅や家賃補助のある会社に就職する。

5.車は絶対に必要でないなら買わない。普段は公共機関を使う。車が必要な時はカーシェアを利用する。

 

この5つの方法を実践すれば、確実の1年で貯金100万円できます。

一人暮らしの支出の中で一番大きな比率を含めるのが家賃だと思います。

この家賃を低くすることが社会人1年目で貯金100万円できるかのカギだと思います。

もし一人暮らしをする場合に月6万の家賃から月4万の家賃に変更するだけで月2万円が浮き、年間24万円貯金に回せます。

たぬまる
一人暮らしするなら、入社する会社の福利厚生をしっかり確認して貯金する為に利用する事が大事だね。

また、飲み会も本当に必要な時にだけしか出席しないことも必要です。

一回の飲み会だけで5000円とか普通に減っていきます。週一と考えて月に4回飲み会に行くと仮定します。

月の飲み会代を計算しよう
5000円×4回=20000円

月に20000円の出費です。年間に換算すると24万円は飲み会にお金が消えていくと考えると飲み会代の出費は馬鹿になりません。

たぬまる
飲み会もそうですが、たばこも健康を害するだけで、お金の無駄なので吸わない事をおすすめです。

コンビニは使用しないといったことを徹底すれば自然とお金は溜まっていきます。

コンビニも1回当たり500円と月に15日程度コンビニを利用すると仮定して出費を考えて見ましょう。

月のコンビニ利用代を考えよう
500円×15日=7500円

7500×12ヵ月=9万円の出費が年間かかっています。

コンビニに行かないと意識すれば、コンビニに行く事自体自然となくなり年間9万円の貯金ができます。

そして、絶対に家計簿をつけて、月の自分の支出を把握して下さい。

家計簿をつけるなら、スマホのアプリを利用する事をおすすめします。

たぬまる
私は手帳に手書きで家計簿付けていましたよ。

実家暮らしなら一人暮らしよりも家賃の支出が無く貯金しやすい状況になります。

しかし、油断は禁物です。実家暮らしは、節約意識が低くなりやすいので不要なお金を使い過ぎてしまう場合があります。

実家暮らしだから油断せずに1年間で貯金100万円するんだと目標意識をもって、私が実践した貯金方法を行ってください。

そうすれば、実家暮らしが陥りやすい貯金できないと言った事はなくなるはずです。

貯金は、日々の意識と行動で貯金意識が高まり貯金するようになります。

まずは、1年で100万円貯金するとスマホのメモに書いたりして、目標が目に留まるように常に意識していけば100万円の貯金は達成できます。

1年で貯金100万円達成できれば、しめたものです。貯金意識が高まりお金を無駄に浪費しなくなっています。

そうなれば、貯金300万、500万もそんなに苦労せず貯金できます。

たぬまる
貯金100万円達成できたら、私も貯金300万円も苦労せずに2年後に達成できたよ。貯金意識が高まり、無駄遣いをしない体質を身に付けたからね。

まずは、社会人1年目で貯金100万円を達成できるように行動と意識していきましょう。この貯金と貯金体質が将来会社を辞めたい時の軍資金になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です