【決定版!】IT業界、エンジニアにおすすめの転職サイト5選

こんばんは!

エンジニアとして働いている【たぬまる】です。

もっと給料や待遇が良いIT業界やエンジニアに転職したい!

自分で商品を開発したり、エンジニアとしてもっと成長できる企業へ転職できるエンジニア企業に強い転職サイトがあれば利用したいな!と思っている人向けにIT業界、エンジニアに強い転職サイトをご紹介する記事です。

たぬまる
私もエンジニアとして、もっと給料のよい企業へ転職しようと考えたことがあります。

エンジニアの私が転職サイトを利用した時に感じた事も交えながら説明したいと思います。

是非、エンジニアの方で転職を考えている人は記事を最後まで読んでみて下さい!

IT業界、エンジニアにお勧めの転職サイトはこの5つ

IT業界、エンジニアの求人を多く取り扱い、エンジニアの転職に強い転職サイトはこの5つです。

IT業界、エンジニアにおすすめの転職サイト

①【Tech Stars Agent】

②【社内SE転職ナビ】

③【IT専門転職エージェント@PRO人】

 

IT業界、エンジニアの転職サイトならこの5つに登録すれば問題ないです。

この5つの転職サイトにもそれぞれ強みがあるので各転職サイトごとに説明していきますね!

IT業界、ゲーム業界の求人に特化している【Tech Stars Agent】

【Tech Stars Agent】の特徴をまとめると

【Tech Stars Agent】のここがスゴイ!
  1. 転職エージェントが全員エンジニア!!自分のスキルやキャリアに沿った求人を提供してくれる。
  2. 厳しい審査を通過した、厳選された求人のみを取り扱っている。それに加えてTech Stars Agentのみの非公開・独占求人も紹介している。
  3. 独立支援サービス「Midworks」も展開していて、独立の考えているエンジニアのサポートも充実!

【Tech Stars Agent】の特徴で、一番スゴイのが転職エージェントが全員エンジニア出身と所だと思います。

エンジニア出身のエージェントだから、エンジニアの事を良く知っており、自分のスキルやキャリヤに適した求人を紹介してくれる確率が高くなります。

たぬまる
同業種なら、エンジニアの事を良く知っているので、自分に合った企業に出会える確率が高くなります!

IT業界、WEBエンジニアの社内SEへの転職なら【社内SE転職ナビ】

【社内SE転職ナビ】の特徴をまとめると

【社内SE転職ナビ】のここがスゴイ!
  1. アドバイザーにノルマが無い為、一人一人にかける時間が他の転職サイトエージョントよりも2倍以上!!しっかりサポートしてくれる。
  2. 社内SEの悪い点の客先常駐のない求人を検索できる!
  3. 転職セミナー、座談会を多くしており、転職活動のサポートも厚い!

他の転職サイトの違いエージェントが一人にかける時間が多く、機械的な求人を出すことがない点は、エンジニアだけでなく求職者にとってはうれしいですよね!

社内SEの辛い客先常駐の求人の無い求人を検索できる点も【社内SE転職ナビ】がおすすめできる理由の一つです。

たぬまる
元請け先で働くので、元請け先の社員に気を使うなど、客先常駐はストレスが多いから客先常駐のない求人を検索できるのはいいですね!

対応の評価が高い!IT業界専門の【IT専門転職エージェント@PRO人】

【IT専門転職エージェント@PRO人】の特徴をまとめると

【IT専門転職エージェント@PRO人】のここがスゴイ!
  1. アドバイザーはもちろんIT業界出身者
  2. 一人のアドバイザーが担当する人数の上限は数十名で一人一人にしっかり対応
  3. 短絡的な求人ではなく、5年、10年後を見据えた求人を紹介する。

IT専門転職エージェント@PRO人は、大手サイトではできない一人一人に親身になって相談を伺い、求人を紹介してくれます。

大手ではアドバイザーが担当する人数が多く、興味のない機械的な求人を紹介するアドバイザーが担当になる場合もあります。

しかし、IT専門転職エージェント@PRO人ではそのような事が無いように、担当人数を数十名と制限を設けてアドバイザが一人一人に親身相談する組織を構築しています。

実際に利用した人も、大手よりもしっかりと相談にのってもらえた!と満足されています!!

担当アドバイザーの品質が高く、親身に相談に乗ってくれる転職サイトならここ!

より良いエンジニアへの転職の成功のカギは転職エージェント次第!?

転職が成功するカギは、転職エージェントにかかっているといっても良いので、転職エージェントを最大限に活用する方法をご紹介します。

転職エージェントには、最低2つ以上は登録して情報を集める!

転職エージェントには、最低でも2つは登録した方がいいです。

その理由は、転職エージェントごとに取り扱っている求人が違いますし、その転職エージェントのみの求人があるからです。

1つの転職エージェントのみで活動していると、なかなか自分の希望にあった求人に合う事ができず転職活動が長引いてしまいます。

また、一つの転職エージェントだけだと他に転職エージェントに自分の希望にあった求人があるのに逃してしまう確率が高くなります。

最低でも2つ以上の転職エージェントに登録して、情報を多く手に入れておきましょう!

フーくん
1つの転職エージェントに絞って、他の自分にあった求人を逃さない為に2、3個登録する事!

エンジニアに必須!転職を有利に進めるには、転職サイトのアドバイザー次第!

エンジニアへの転職に必要なのが転職エージェントのアドバイザーとの相性です。

転職エージェントには、さまざまなアドバイザーが居ます。

アドバイザーの中には、エンジニアの案件に疎いアドバイザーもいます。エンジニア業界を知らない人が担当になると、自分のキャリヤやスキルが活かせない求人を紹介される可能性が高いです。

そのような事にならない為にも、エンジニア出身の転職エージェントを利用したいですね!

もし、転職アドバイザーと相性が悪いなと感じたら、担当者を変更してもらうのも手です!

転職は、人生の中でも大切な物事なので、しっかりと対応してくれるアドバイザーを選びましょう!

たぬまる
一人、一人にしっかりと対応してくれる転職エージェントを利用しよう!

エンジニアにとって今後も求人率は高く転職しやすい!

エンジニアといっても、ITエンジニア、機械エンジニア、プログラマーなど多岐にわたります。

多くのエンジニアは、2020年以降も高い求人率で、転職しやすい状況が続きます。

その理由はdudaの業種別の転職求人倍率で明らかです。

この表を見ると、IT.通信のエンジニアの求人倍率が7以上になっており、コロナの影響を感じさせないぐらい求人率が高いです。

この求人率は、企業が7人程度募集しているのに、求職者が募集人数7名に対して1人しかこない状態を表しています。

だから、応募すれば余程の事がない限り内定を頂ける状態です。エンジニアなら、より待遇の良い企業を選び放題!となっています。

エンジニア不足は、2020年以降も続くと政府の調査で判明しています。

  

引用元:経済産業省によるIT関連産業の産業人口に関する将来推移

今後は、AIの発達で益々エンジニアの需要は高まります。

2015年でもITエンジニアが約17万人不足しています。それが2030年になると約59万人の人手不足になると予測されています。

エンジニアの転職は、この人手不足により比較的簡単に転職でき、待遇の良い企業を選べる立場になっていきます。

【まとめ】より待遇の良いエンジニア業界へ転職するなら今!

AIの発達で今後もエンジニアの需要は高まっていきます。

今の会社の待遇に不満があれば、どんどん転職しながらキャリヤアップをして待遇を上げていくべきです。

エンジニアの転職に強いおすすめサイトなら

エンジニアの転職におすすめのサイト
  1. 【Tech Stars Agent】:IT、ゲーム業界に特化
  2. 【社内SE転職ナビ】:IT、WEBエンジニアの社内SEへの転職に特化
  3. 【IT専門転職エージェント@PRO人】:アドバイザーの対応力が良くITの求人に特化

 

この3つに登録して、エンジニアとしてのキャリヤを積んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です