【これ1つで完璧】記事のコピー防止プラグインを紹介!

こんにちは!

自分のブログ記事がコピーされるかもと心配になった管理人のたぬまるです。

ブログの記事が増えていくと、自分のブログ記事がコピーされるか心配する人向けにブログのコピー防止をしてくれるおすすめのプラグインWP-Copy-Protectの導入と設定方法を紹介する記事です。

さっそくWP-Copy-Protectの導入の仕方と設定方法をご紹介します!

この記事は以下の人向けの記事内容になります。
  1. ブログ記事をコピーされたくない人
  2. ブログ記事をコピーされたら、どのようなデメリットがあるのか知りたい人
  3. WP-Copy-Protectの導入方法と設定の仕方を知りたい人
  4. WP-Copy-Protectを利用した時のデメリットを知りたい人

 

コピー防止!WP-CopyProtectを利用してブログ記事のコピーを防ごう!

ブログのコピー防止プラグインで一番おすすめのプラグインはWP-Copy-Protectです。

このプラグインは、設定が簡単で管理者以外の人からブログ記事のコピーを防いでくれます。

WP-Copy-Protectの導入方法と設定方法は5分くらいでサクッと終わるので初心者にも簡単にできます。

フーくん
このプラグインならブログがコピーされず安心できるよ!

ブログ記事がコピーされた!コピーされるとseoに悪影響!?

ブロガーの中には、他人の記事を丸パクリする人が少数ながら存在します。

なぜ、彼らが他人の記事をコピーする理由は以下の事が考えられます。

記事をコピーする人の心理は?
  1. 自分でブログを書くよりも簡単にブログが出来上がる。(楽をしたい)
  2. ブログ記事を考える手間が少なくしたい。
  3. 楽にブログを作成して稼ぎたい!

このような考えがあるから、なかなかブログのコピーがなくなりません。

また、自分のブログ記事がコピーされるとGoogleから重複したコンテンツと認識されてペナルティを受ける場合があります。

みなさんもご存知とは思いますが、Googleからペナルティを受けると記事が検索圏外に飛ばされてアクセス数がなくなるという最悪な事になります。

このようなに、ブログ記事をコピーされると知らない内にアクセス数が減り収入にも多大な影響がでます。

このような事にならない為にコピー防止の対策は必要だと思います!

コピー防止プラグインWP-Copy-Protectの導入方法と設定方法

プラグインWP-Copy-Protectの導入方法は簡単です。

さっそく画像通りにWP-Copy-Protectを有効化してみましょう!

コピー防止プラグインWP-Copy-Protectの導入の仕方

①ダッシュボードのプラグインから新規追加を押します。

②検索にWP-Copy-Protect入力します。

③WP-Copy-Protectをインストールをクリックして有効化をクリックすれば導入は完了です。

コピー防止プラグインWP-Copy-Protectの設定方法

WP-Copy-Protectのプラグインを有効化したら、次は設定をしましょう!

ダッシュボードに戻り設定からWP-Copy-Protectをクリックします。

①WP-Copy-Protectの設定画面が表示されると思います。

①は、コピー防止対象外の記事を指定できます。

記事編集のURLにpost=○○&action=editの○○の数字を記入すればOKです。

②は、サイト管理人自身がコピーできるようにしたいならチェックを入れて下さい。

以上で設定は終わりです。

お疲れ様でした!

コピー防止プラグインWP-Copy-Protectのデメリット

こんなに便利なコピー防止プラグインWP-Copy-Protectにもデメリットはあります。

それは、記事の一部を引用したい!と思った読者がコピーしようとしてもできなくて、今後その読者がサイトに訪れない可能性もあります。

また、他のブロガーからの引用が無くなり、外部リンクをされないデメリットもあります。

外部リンクをされる事はSEOにとっても重要な事です。

それができないのは、コピー防止プラグインWP-Copy-Protectの最大の欠点です。

たぬまる
他のブロガーから外部リンクをされないのは、痛いです。プラグインを導入するか考えてしまいます。

まとめ

コピー防止ブラグインWP-Copy-Protectのメリットとデメリットをもう一度おさらいすると

メリット
  1. 他人からブログ記事がコピーされない為、記事の重複を防ぐことができる。その結果、グーグルからペナルティを受ける心配がない。
デメリット
  1. 他のブロガーが訪問して記事の一部を引用したくてもコピーができない。外部リンクを貼ることができない。その結果、SEOの評価が上がりにくい。
  2. 記事を引用できないとわかったら、読者がほかのサイトに流れる。再び読者が訪問しない可能性がでてくる。

WP-Copy-Protectは、コピー防止プラグインとしてはかなり優秀ですが、記事の引用ができなくなるというSEOに対して不利になるデメリットがあります。

デメリットも考えて、コピー防止プラグインWP-Copy-Protectを導入するか決めてみて下さい。

たぬまる
私は、一応導入はしています。このプラグインは、トレンド記事を書いているブロガーなら必須かもしれませんね。
フーくん
トレンドブログは、いかに早く記事にするかだから、コピーされやすいからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です