コピペOK!アドセンスを設置できる【WP QUADS】の使い方

こんにちは!

グーグルアドセンスをどこに表示させるか悩んでいた【たぬまる】です。

グーグルアドセンスに合格して、グーグルアドセンスを簡単に設置したい人向けの記事です。

グーグルアドセンスに合格して、アドセンスの自動広告を利用したら、アドセンスが変な場所に表示されてサイトが崩れた経験はありませんか?

自動広告は、グーグルがアドセンスを表示させる方法として推奨しています。

しかし、アドセンスが変な場所に表示される事が有り、困る事がありますよね!

そんな時には、【WP QUADS】のプラグインでアドセンスを設置すれば解決します!

このプラグイン【WP QUADS】の使い方を画像を使用しながら説明するので、自動広告で困っている人は是非記事を読んでくださいね!

この記事は以下の内容向けの人向けの記事です。
  1. グーグルアドセンスを簡単に表示させたい人
  2. グーグルアドセンスに合格したばかりの人
  3. 自動広告を使用して、アドセンスが変な場所に表示されて困っている人
  4. 収入が高い場所にアドセンスを貼り付けたい人

 

アドセンスを簡単に設置できる【WP QUADS】の設定方法

【WP QUADS】を早速インストールしていきましょう!

まずは、wordpressダッシュボード管理画面➡プラグイン➡新規追加➡検索➡【WP QUADS】でインストール後、有効化して【WP QUADS】の導入は終わりです。

次にインストールした【WP QUADS】を設定していきますね!

【WP QUADS】を設定してアドセンスを表示させる準備をしよう!

設定も簡単です。

グーグルアドセンスのコードを指定の画面に貼り付けるだけでOK!

早速、【WP QUADS】の設定していきます。

【WP QUADS】のAD settingをクリックすると次の画面が出てきます。

【GENERAL】をクリックして選択します。そして「ADS」を表示させます。
グーグルアドセンスのコードを貼り付ける事ができる【Ad1】~【AD10】があります。

この【Ad1】~【Ad1】全部にグーグルアドセンスのコードを貼り付ける必要性は無く、グーグルアドセンスの広告を表示させたい数だけ貼り付ければいいです。

たぬまる
私の場合は、タイトルの下、文章の真ん中、記事終わりにアドセンスを表示させたいので3つ登録しました。

グーグルアドセンスの貼り方は、Ad5を例に説明しますね!

まず、Ad5をクリックします。

画像の「Plain Text / HTML / JS」にチェックを入れて、下の大きな空白部分にグーグルアドセンスの広告コードを貼り付けます。

そして、広告をどう表示させるのかは、青枠の部分になります。

広告を左に表示させたいなら【Layout】の左にチェック、広告を真ん中に表示させたいなら真ん中をチェック、右に表示させたいなら右の項目をチェックします。

他の項目も有りますが、そこは基本的になにもしなくてOK

これだけで設定は完了ですので、後は保存をクリックして保存して終わりです。

たぬまる
私のサイトは、広告を真ん中に表示させたいので、真ん中の項目にチェックを入れています。

後は、アドセンスを表示したい数だけ【Ad】に登録して下さい。

設定は終わりましたので、次は実際にグーグルアドセンスを表示させる方法を紹介します。

【WP QUADS】でグーグルアドセンスを表示させる方法

【WP QUADS】は自動でグーグルアドセンスの広告を入れることができます。

自動に広告を表示させる設定をさせることで、一回、一回記事にアドセンスを貼り付ける手間が無くなるがうれしいですよね!

【WP QUADS】を利用してグーグルアドセンスを自動で表示させる方法

WordPressのダッシュボード管理画面➡【WP QUADS】をクリックします。

そして、【GENERAL】➡【GENERAL & POSITION】に進みます。

そうすると先ほど作成したアドセンスコード【Ad数字】(例【Ad5】)をどこに貼り付けるのか項目が並んでいます。

広告コードの貼り付け位置項目

  1. Beginning of Postb ➡ 記事の最初に広告を設定する。
  2. Middle of Post ➡ 記事の中間に広告を設定する。
  3. End of Postb ➡ 記事の最後に広告を設定する。
  4. right after the <!–more–> tag ➡  <!–more–>タグの後に広告を設定する。
  5. right before the last Paragraph ➡ 最後の段落の前に広告を設定する。
  6. After Paragraph 「 」➡「 」の段落の後に広告を設定する。
  7. After Image「 」➡「 」の画像の後 に広告を設定する。

グーグルアドセンスを貼り付けたい項目にチェックを入れ、広告コード作成した【Ad番号】を選んで保存をすれば、チェックを入れた場所にグーグルアドセンスが表示させます。

たぬまる
私の場合は、項目①、②、③だけにグーグルアドセンスを表示させています。
フーくん
なぜ、そこの場所に設置したの?
たぬまる
この3つの場所が一番クリックされる確率が高いので、おすすめのアドセンス位置です。

グーグルアドセンス広告を決まった位置ではなくて、記事ごとにグーグルアドセンスを貼りたい方には、手動でグーグルアドセンスを表示させる方法を紹介しますね。

グーグルアドセンスを手動で記事ごとに表示させる方法

グーグルアドセンスを記事ごとに手動で表示させる方法は、記事作成画面のテキストをクリックします。

テキストの中に【Ad1】、【Ad2】と自分でグーグルアドセンスコードを貼り付けた【Ad】の項目があります。

それをクリックすると<!–Ads数字–>というタグができます。

このタグが広告になり、記事に表示されます。

個別の記事の好きな所に広告を表示させたい場合はこの手動で広告を貼り付ければOK。

これが手動でグーグルアドセンスを表示させる方法です。

まとめ

【WP QUADS】は、グーグルアドセンスを表示させるプラグインとして、非常に設定が簡単でとても使いやすい初心者向けのプラグインです。

グーグルアドセンスに合格して、自動広告の表示がおかしかったら是非導入してみて下さいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です