【必須】アドセンス狩りの対策ならこのプラグイン!

こんばんは!

グーグルアドセンスに合格したけど、アドセンス狩りにあったらと心配しているたぬまるです。

今回は、グーグルアドセンスに合格しても不正クリックされたらグーグルアドセンスが停止する【アドセンス狩り】対策のプラグインを紹介する記事です。

折角グーグルアドセンスに合格したのに、アドセンス狩りの不正クリックのせいでグーグルアドセンスが停止したらと心配になった事はありませんか?

何かアドセンス狩り対策のプラグインを探しているあなた向けにグーグルアドセンスを停止に追い込むアドセンス狩り対策のプラグインがあるんです。

このプラグインを利用する事で、グーグルアドセンスの停止に追い込むアドセンス狩りの対策になります。

是非、記事を読んでアドセンス狩りの対策をして下さいね!

この記事は下記の内容を知りたい人向けの記事です。
  1. アドセンス狩りの意味を知りたい人
  2. アドセンス狩り対策のプラグインを知りたい人
  3. グーグルアドセンスを停止に追い込むアドセンス狩りの対策プラグインの使い方を知りたい人
  4. アドセンス狩りにあった時にどうすればいいのか知りたい人

 

グーグルアドセンスが停止するアドセンス狩りとは?

グーグルアドセンスが停止するアドセンス狩りは、サイトに表示されている広告を不正にクリックしてアドセンス広告を停止に追い込む事を言います。

不正クリックとは、例えば同じ訪問者からアドセンス広告を短時間で数十回クリックされる事です。

広告を意図的に何回もクリックして収入を得ようとする行為は、Googlenのポリシーの違反となっています。

補足
Google 広告は、本当に興味を持ったユーザーによってクリックされるものでなければなりません。そのため、Google 広告を作為的にクリックしたり表示したりする行為は固く禁止されています 

グーグルも不正クリックを禁じています。

不正クリック対策のアドセンス狩り対策はしっかり行っておきましょう!

アドセンス狩りには【AdSense Invalid Click Protector】で対策!

アドセンス狩り対策にはこの【AdSense Invalid Click Protector】プラグインで対策をします。

このアドセンス狩り対策のプラグイン【AdSense Invalid Click Protector】は、一定時間の同一人物からの広告クリックを何回までと制限できるプラグインです。

グーグルから不正クリックと認識されるのは、ある一定時間(例えば1時間)に何十回もクリックされたら不正クリックだなと思われ、サイト運営者に警告文が送られます。

このプラグインを設定する事で、短時間で同一人物からの多数の不正クリック数を制限でき、制限以上の広告クリックがされたら広告が表示されなくなるので短時間の不正クリック防止につながります。

悪意的なクリックの防止に役立つのがこのプラグインです。

早速導入する方法を説明します。

アドセンス狩り対策プラグイン【AdSense Invalid Click Protector】の導入方法

早速【AdSense Invalid Click Protector】を導入します。

WordPressの管理画面に行きます。

管理画面のダッシュボードから【プラグイン】➡新規追加➡検索【AdSense Invalid Click Protector】と入力すます。

インストールをクリックして有効すれば、導入は完了です。

たぬまる
プラグインの導入はいつも通り同じなので簡単ですね!

アドセンス狩り対策プラグイン【AdSense Invalid Click Protector】の設定方法

AdSense Invalid Click Protectorをインストールして有効したら設定を行いましょう!

設定自体は簡単なので画像を見ながら実行してくださいね!

WordPressのダッシュボード管理画面にAdSense Invalid Click Protectorが表示されています。

AdSense Invalid Click ProtectorをクリックしてGeneral settingをクリックします。

そうすると下記の画面が表示されます。

この画面に表示されている各項目を設定していきます。

各項目の意味を説明はを説明します。

設定画面の各項目の意味
  1. Set the Ad Click Limit:連続何回広告が不正クリックされたら広告を停止させるかという意味
  2. Click Counter Cookie Expiration Time:連続不正クリックが何時間の間にされたか?
  3. Set the Visitor Ban Duration:連続不正クリックされたので、広告をいつまで停止させるのか?

①については、何回連続で不正クリックされたかなので、2~3回の設定が良いです。

②について連続不正クリックが何時間の間にされたかなので、1時間に何回も同じユーザーが広告をクリックする事は稀ですので、1~2時間の設定を推奨します。

③については、不正クリック行ったユーザーに対して広告をいつまで配信停止するかです。

この設定は1日だけ配信停止してもまたすぐに連続不正されたりするので、基本的に1週間以上に設定することが好ましいですね。

このプラグインがアドセンス狩り対策として一番簡単な方法だと思います。

最近は、グーグルも不正クリックに対して対処を強くしていますが、自分でもサイトを守る事は大事です。

是非、グーグルアドセンスに合格したら導入してほしいプラグインです。

フーくん
グーグルアドセンに合格できたら、是非入れておきたいプラグインだね!

アドセンス狩りに合ったらGoogleへ連絡しておこう!

もし、【急にクリックが増えた】とかPV数に比べた異様にクリック数があるなと思ったら不正クリックかもしれません。

不正クリックかなと思ったらGoogleに不正クリック連絡フォームがあります。

Google連絡フォームはこちら

ボタンをクリックすると連絡フォームが出てきます。

 

入力画面の項目は以下の通りです。

連絡フォームの各項目に入れる事
  1. 氏名:グーグルアドセンスの名前
  2. メールアドレス:グーグルアドセンス用のメールアドレス
  3. サイト運営ID:Pubーxxxxxです。サイト運営IDは、グーグルアドセンスの歯車のアイコン➡アカウント情報にあります。
  4. 広告コードが表示されているURL:自分のサイトのURLを入力
  5. トピック:アカウントで発生する通常のとは異なる動作をレポートするを選択
  6. クリックが発生した日時:PV数に比べて異様にクリック数が増えた日
  7. 無効なクリックの疑いがあることを示す該当部分:アドセンスの画面で広告表示に比べてクリック数が多い時の画像を保存しておく。

 

もし不正クリックの疑いがあれば、Googleに連絡してみて下さい。

何も問題がなければ、Googleから返信はきません。もし、不正クリックの問題があれば第三者のからの不正クリックとしてアドセンス停止を回避できます。

不正クリックかなと感じたら連絡しておいても損にはなりませんね。

まとめ

今回は、グーグルアドセンスを悪意的に停止させるアドセンス狩り対策について記事をご紹介しました。

折角、ブログを始めてアドセンスに合格しても、アドセンス狩りにあって広告が停止したら落ち込みますよね!

そうならない為に、もう一度アドセンス狩り対策をまとめると

アドセンス狩り対策まとめ
  1. アドセンス狩り対策プラグイン【AdSense Invalid Click Protector】の導入。
  2. 通常よりもクリック数が多い時やPV数に比べて異常にクリック数があったら不正クリックを疑う。
  3. 不正クリックかなと思ったら、グーグルの無効なクリック連絡フォームへ連絡!

アドセンス狩りの対策として、プグインは導入しておいてくださいね!

後は、不正クリックかなと思ったらすぐにグーグルに連絡する事!

不正クリックとグーグルが判断した場合は、そのユーザーの不正クリックと認識されて広告を停止を防ぐ事ができます。

グーグルに報告して損になることは無いので、不正クリックと思ったら必ず連絡フォームで連絡してください。

以上、アドセンス狩り対策まとめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です